スポンサーリンク

OKファームの想い

 

初めまして。広島県東広島市で農業をしています。

川手晋治と申します。

OKファームのページへようこそ。

ここでは、少しだけうちの野菜達、

そして私と祖父の話を紹介させて頂きます。

 

広島県東広島市、豊栄町。昼夜の寒暖の差が激しく、

冬は近所の池がそのまま凍ってしまう程、冷え込みます。

 

そんな環境の中で育った野菜は、とても甘くなります。

IMG_5944_R.jpg

 

 

私は、2011年の夏に勤めていた会社を辞め、農業に挑戦していますが、

この畑は、祖父が大切に管理してきたものです。

 

祖父は、現在87歳。

10代後半で海を渡り、満州で野菜作りをしていたそうですが、

そのまま太平洋戦争終了を満州で迎え、

ロシアの捕虜となり、シベリアで強制労働の日々…。日本に帰れたのは終戦後、数年経ってのことでした。

 

DSC04132_R.jpg

 

 

産まれは福山市だったそうなのですが、

知人の紹介もあり、ここ豊栄町で農業を始めます。

 

始めます、と言うと簡単に聞こえますが、まず最初にしたことは、

言葉通り  「開拓」。

山を切り開いたそうです。

今から60年も昔のことです。機械など無く、ほとんどが手作業。

今は禁止されていますが、

当時はダイナマイトを使って大木の根っこを吹っ飛ばし、

少しずつ少しずつ、畑を拡げていく。

タバコ農家を営みながら、野菜作りを毎年欠かさずやってきたとのことです。

 

 

祖父は、私の母親の父親に当たりますが、母親は1人っ子です。

そして、私の父も1人っ子。1人っ子同士で結婚したため、

俗に言う、「後継ぎがいない」状態になっています。

 

祖父は「ワシが死んだら畑も終わり。別にそれでいい」

と言っていますが、

私としては、

「60年間、祖父が大切にしてきた畑が、また山に還ってしまうのは寂しい」

そして

「祖父に野菜作りを教えてもらえるのは今しかない」と思い、

就農を決意しました。

 

もちろん、祖父の今までの努力や、私の想いだけで、

簡単に結果が出る業界でないことは分かっています。

 

しかし、1つだけ自信に思っている事があります。

自分がサラリーマンの頃から、学生のころから、

いや、子供の頃から

「お前のじーちゃんちの野菜、うまいわ」

と幾度となく、周りの人に言ってもらっていた事です。

これは、勝手な私の想いや、願望ではなく、事実です。

当時は「皆、お世辞を言ってるんだろう」と思っていましたが、

実際に私が農業を始めて4年の間に、多くの方に「美味しい」の声を聞いてきました。

 

IMG_5044_R.jpg

 

 

 

友人、産直市のお客様、

学校給食の調理師さん、農協の職員さん、

営業先で出会った飲食店のシェフ・・・などなど。

 

前述の「寒暖の差」などの理由ももちろんあると思いますが、何より

「祖父が大切にしてきた畑だから」出せる味わいが

きっとあるのだと、私は信じています。

 

 

簡単にOKファームの紹介とさせて頂きましたが、

もっと多くの方に、うちの野菜を知って欲しい、食べて欲しい

との想いで、このページを立ち上げました。

 

今までは、産直市、道の駅に出荷するだけでしたが、

こうして、Facebookや、ブログを通じて、

全国の方に野菜を買って頂ける準備が整っています。

 

 

もし、

「OKファームの野菜、食べてみたい!」

「OKファームの日常を見てみたい!」

「野菜についてもっと詳しくなりたいな」と思って頂けたら、

このページに「いいね!」「フォロー」をよろしくお願いします。

もっと興味を持って頂けるよう、情報を発信して参ります。

ok-farm.hateblo.jp

(クリックした後のページの「いいね」を押して下さい

 

 

余談になりますが、

OKファームのFacebookページに「いいね!」をして下さった方の中から

抽選で野菜をプレゼントする企画も始めています。

「いいね!」だけで参加可能ですので、ぜひよろしくお願いします。

 

 

 

野菜の購入はこちらから。